ナチュロマ

PD好きがナチュラルでロマンスな暮らしをめざします。衣食住をゆるくがんばります。

冬ロマと白

 

「白好きだよね」

 

パーソナルカラーが冬クリアの私は、友人にこう言われたことがありました。

 

白い服をよく着てる、というのももちろんですが、それ以外でも全身のどこかで大体白を使っていると。

 

確かに、冬クリアなので黒い服にネックレスとかピアスで白を使うとパッとするのです。

 

白が好きというより、そうしないと地味だから無意識に使っていたのでしょう。

 

その時はそういえばそうだな、冬クリアはやっぱ白が似合うからかな~としか思わなかったのですが、ロマンスタイプだと意識してから思いました。

 

 

もしかしてロマンスタイプって白似合わない

 

ロマンスタイプと白の相性

 

その後も白が好きだと思い込んでた私は、色選びに迷った時もとりあえず白にしとこうという感じだったのですが、年とともになんだか自信がなくなっていき…。

 

今まで似合ってると思ってたけど、本当に似合ってる?と。

 

白ってウエディングドレスとかロマンスタイプにすごく似合いそうだけど?という気もしますがあくまで色の話です。

 

ウェディングドレスだと、レースとかドレスのイメージが強いのでそれらはもちろんロマンスさんが似合う素材です。

 

普通の生地で白いスカートとか、白いパーカーだと少し浮いてしまいます。

 

ロマンスの人が白い服を着る場合、素材そのものに柔らかさや丸み、透け感がないと馴染みがよくないかなと思います。

 

実際、手持ちの服を見てみると白い服は生地の薄い夏服か、ファー素材の冬服が多かったです。

 

白は主張が強い

白って明るい、清潔、きれいなイメージですが、目立つし実は主張がすごく強いのですよね。

 

そして色の中でも反射率が一番高いのです。

 

その跳ね返す感じが、一種のバリアというか近寄りがたさに繋がっているかなと感じます。

 

黒も強い色ですが、黒は暗い、落ち着き、大人っぽいイメージなので白が動の拒絶だとすると、黒は静の拒絶という感じです。

 

静と動だとロマンスタイプはやはり静なので、その視点では黒というのは意外とロマンスタイプと相性が良かったりします。

 

基本的に、優しそう、おっとり、物腰柔らかながロマンスタイプのイメージなので白を着た時に時々感じたズレは、この跳ね返すという色のイメージが違和感に繋がっていたのかなと思います。

 

なので、ただの色として白と相性が良いのは、動を感じるキュートタイプや清く正しいイメージのグレースタイプではないでしょうか。

 

よくかわいい女の子像で白いワンピースの少女~とかありますが、あれこそまさにザ少女なキュートタイプだなぁと思うのです。

 

ロマンスタイプが白を着るとき

 

それでも白い服は素敵なので、やっぱり着たいです。

 

つらつらと似合わない理由を書いてしまいましたが、白はベーシックな色なので、素材に気をつければ着れる服はたくさんあると思います。

 

 

ロマンスタイプに似合う白

☆薄い素材、ヒラヒラ

☆レース、透かし模様

☆ラメ入りニット

☆ツヤあり素材

☆ファー素材

☆繊細な柄入り

☆柔らかさを感じるもの

☆丸みのある形

 

フワフワで白いウサギなんかはロマンスタイプっぽいので、ウサギっぽいかどうかで判断するのもいいかもしれません。

 

 

そして冬クリアでロマンスの私は、どこかで白を使ってコントラストを出す、という垢抜け方法は今まで通り使いますがやり方を少し変えました。

 

確かにコントラストは大きい方が冬クリア的には合うのですが、ロマンスタイプには強すぎるので、白+ベージュのようにコントラストを弱めるかコントラストが大きい場合は白の面積を小さくしています。

 

ハッキリとした服も好きですが、どうしてもファッショナブル寄りになるのとメイクが濃い方が似合うので年々着にくくなってくるのです…。