ナチュロマ

PD好きがナチュラルでロマンスな暮らしをめざします。衣食住をゆるくがんばります。

色、形、素材以外で、ロマンス感を出してみる

f:id:ayuchiyua:20220102154258j:plain

 

ロマンスタイプだけど何を着ればいいのか…

 

という方に向けて、前回書いた記事がこちらです。

 

natyuroma.info


これは、色のイメージでロマンスタイプを表現する方法なので、

割と簡単だと思うのですが、

そもそも

優しいトーンが好きじゃない

という人もいると思います。

 

今回はそんな

典型的なロマンスタイプのイメージが好きじゃない!

ロマンスだけどもっとちがう恰好をしたい!

 

という方への記事になります。

前回よりも、実用的ではなく精神論になってしまうかもしれませんが…

そんな考え方もあるのか~と聞いてくださるとうれしいです。

 

ロマンスタイプなら完成度を高めよう

 

着たいものがあるなら、好きな恰好をすればいいと思います。

なんとなく気分で服のテイストを変えたい~

それもいいと思います。

 

でも、せっかくなら、

ロマンスタイプなら、

 

服の完成度を高めた方がいいと思います。

 

服というか、全身のトータルコーディネートです。

 

つまり、コスプレを目指すといいと思うのです。

 

ロマンスタイプはコスプレが似合うと思います

なぜコスプレがにあうのか

 

一般的にロマンスタイプは

 

ドレスや

華美な装飾や

ばっちりメイクや

家事しにくそうなヒラヒラの服が似合ったりします。

 

なんだかどれも非現実的ですね。ふんわり、どこか浮世離れしたロマンスタイプにはこれらがよく似合います。

コスプレもなかなか非現実的です。

サンタの恰好とか、ハロウィンとか、大正ロマンの服など、ロマンを感じたり非日常的な服が似合うのではないかなぁと思います。

 

コスプレに抵抗がある人は役者を目指そう

 

コスプレというと抵抗があるかもしれませんが…

ばっちりコスプレまでいかなくても

 

ドラマに出る役者さんのつもりでいるといいかもしれません。

 

オフィスで働くバリキャリOLや

近所の優しそうで品のいい奥様

キャンプの好きなアクティブガール、

バーで一人飲み黄昏る女性…

 

み~んなその役感を出すために、服や小物、化粧までトータルでコーディネートしています。

この人はこういう役です、とキャラ付けするために、ファッションで世界観をだします。

 

なかなかトータルコーディネートの完成度が高い人ってみかけません。

(東京など都会にはいるのかしら?)

完成度が高いと、それだけで世界観が表現できます。

世界観がある人ってそうそういません。

そうそうないものって非現実的です。

なのでこの完成度の高さが、ロマンスの似合う非現実感につながるかなぁと思います。

 

自分と正反対の恰好はムリ…と思う方

ロマンスの人って薄顔の人が多いと思うので、お化粧すれば意外といろんなパーソナルデザインに擬装できるんじゃないかなぁと思います。

私も、パーソナルカラーが冬なので、自分の顔が濃いと思っていましたが、眉毛が濃いだけでどちらかというと薄い顔でした。

 

頭からつま先まで、完成度が高ければ高いほど、ロマンスの人は似合うのではないかなぁと思います。

(メイクもバッチリが似合うので)

あまりにもばっちりすぎると、ファッションがアートみたいになりそうですが、それはそれでロマンスさんならハマりそうです。

 

なので、ファッションにテーマを決めて

今日はOL風だから、

キレイめパンツに、ゆったりカットソー、髪はハーフアップで、靴はパンプス…

という感じや

今日はイチゴがテーマだから

赤いスカートに、白いシャツ、ヘアアクセは緑で髪型は丸っぽく…

のようにトータルで考えるとまとまりが出るし、世界観が演出できると思います。

 

ロマンスタイプがいろんな服に挑戦するなら

  • コスプレする
  • 役者のつもりになる(外観だけ)
  • ファッションのテーマを決める

で完成度を高めることが大切だと思うのです。

 

そうやって色々な恰好をするうちに、なんとなく似合うものと好きなものを近づけていけます。

そして、例え似合っていない恰好だとしても、完成度が高かったらそこまで変ではないはずなので、セーフなハズです(^^;

 

ただ中途半端に他タイプのマネをすると、やはり似合わない感がすごいと思うので、それならロマンスの恰好が一番いいかなとは思います。